アイドルアニメ出演の女性声優が膝の故障で役を卒業 ネットでは「声優にいろいろ求め過ぎ」という声相次ぐ

最近の声優はステージ上で激しいパフォーマンスも

最近の声優はステージ上で激しいパフォーマンスも

声優の花守ゆみりさんが11月1日、「膝蓋骨亜脱臼及び半月板損傷」と診断され、アニメ「Re:ステージ!ドリームデイズ♪」の伊津村陽花役を17日開催のライブをもって卒業することが、所属事務所から発表された。

担当医からは、膝に負担がかかる可能性のあるパフォーマンスの禁止を伝えられたという。「Re:ステージ!」プロジェクトとも協議を重ねたが、卒業ということになった。(文:石川祐介)

「作品やキャラクターと現実の融合の限界を見たような気がする」