急増する外国人労働者!職場で求められる対応「最低賃金で雇う点を改善すべき」「人材育成をしっかりと」

どう対応していく?

どう対応していく?

年々、右肩上がりに上昇する日本で働く外国人労働者は、2018年の時点で約146万人にのぼる。今年4月に改正された在留資格制度に伴い、政府は今後5年間で約26~34万人の受け入れを想定している。業種の幅がより広がるため、より多くの職場で対応が求められるところだ。企業口コミサイト「キャリコネ」には、外国人労働者に対するさまざまな反応が寄せられている。【参照元:キャリコネ】

「英語力を向上させることができる」「異文化を知ることができる」