面倒すぎ!上司とのカラオケ「”歌ってはいけない歌リスト”の曲を歌われると機嫌が悪くなる」「歌わんかこのボケッ!」

折角のカラオケも、上司の所為で息苦しい場になってしまうことも。

折角のカラオケも、上司の所為で息苦しい場になってしまうことも。

いくら会社の付き合いとはいえ、参加すると非常に精神力が削られるときもある。その代表の1つがカラオケだ。キャリコネニュース読者からは、

「ノリの良さだけを要求されて、アホみたいな歌ばかり聞かされる」(50代男性、営業職)
「知っている人が少ない曲を歌うと急に消される」(20代男性、営業職)
「マイクを離さない」(60代、クリエイティブ職)

といった声が寄せられている。今回は、上司に振り回されて散々だったカラオケでのエピソードを拾ってみた。

40代女性の会社では、「社長が知っている曲でないと歌ってはいけない」というルールがある。社長が歌っている曲を知らないと、「そんなことも知らないのか」と叱責される。社長は60代後半のため、女性は「新入社員に”覚えなければいけない歌リスト”を渡しています」という。さらに、

「部長や専務は決め歌を持っていて、それを他人に歌われると、めちゃくちゃ不機嫌になるので、”歌ってはいけない歌リスト”もあります。取引先の接待ならまだしも、社内のカラオケでここまで気を使わなければならないのは、正直面倒くさい」

と綴っている。

多量の軽食を勝手に頼む→「自分は食べてないから」と支払わない