広告系、月の労働時間が600時間の50代男性「1日21時間労働。時給が400円を切っていた」

働きすぎで鬱になるケースも

働きすぎで鬱になるケースも

どんな人でも仕事を辞める可能性はある。管理職の立場にある人でも激務が続けば限界が来るし、立場に見合った給料をもらえなければ転職を視野に入れるはずだ。過去に福祉系の施設で所長を務めていた40代の男性は、自身の退職理由について、

「経営者から休みの日の夜中の12時に神社のお札を貼りに来るよう呼び出されたのがきっかけ」

と綴っている。他にも、経営者からコンプライアンス違反を強制され、転職活動を始めたという。キャリコネニュース読者から寄せられた、上司の立場にあった人が退職を決意した瞬間を紹介する。

「毎日朝4時から深夜1時までの約21時間勤務を休みなく1年間続けた」