有休取得の懸念1位は「職場に迷惑かけたくない」 一方、6割の人が「もっと取得したい」

休み明けの業務量を心配する声も

休み明けの業務量を心配する声も

インテージは11月19日、「有給休暇取得の義務化」に関する調査結果を発表した。調査は9月にネット上で実施し、20~60代の会社員2883人から回答を得た。

昨年成立した「働き方改革関連法」により労働基準法が改正され、4月からは年間5日以上の有休取得が義務付けられた。同法施行から半年が経ったが、39.2%もの回答者が「法改正を知らなかった」と答えており、さらなる認知拡大が必要なことが浮き彫りとなった。

9月末時点、6割が「有休5日以上」を取得