3人に1人が「終電の前倒しに反対」と回答、賛成派を上回る 「消費が低迷する」「タクシーで出費がかさむ」

終電前倒しに反対する声が寄せられた

終電前倒しに反対する声が寄せられた

エアトリは11月20日、「営業時間の前倒し」に関する調査結果を発表した。調査は11月上旬にネット上で実施し、20~70代の男女831人から回答を得た。

報道によると、JR西日本は現在、労働環境改善を進めるために終電の前倒しを検討している。こうした「終電の前倒し」についての賛否を聞いたところ、「賛成」(13.2%)または「どちらかと言えば賛成」(13.7%)と答えた賛成派は3割に満たなかった。一方、「反対」(13.5%)や「どちらかと言えば反対」(19%)の回答者は合計で32.5%。最多だったのは「どちらとも言えない」(40.6%)と答えた人たちだ。

終電まで働く人の約3割、前倒しは「労働環境を悪化させる」