若者の恋愛離れが加速、一体なぜ? 中央大教授「アイドルなどで恋愛を代替。お金さえ払えば自分の話を聞いてくれる」

中央大学文学部・山田昌弘教授

中央大学文学部・山田昌弘教授

マッチングアプリ「Pairs」を運営するエウレカは11月27日、若者の恋愛事情に関するメディアセミナーを都内で開催した。中央大学文学部・山田昌弘教授が同社と共同で行った「日本の恋愛・結婚に関する全国意識調査」の結果について説明した。

調査は今年10月に実施。独身者2500人に結婚意思を聞くと「結婚するつもり」が85%だった。性年代問わず結婚意思は高く、「20~30年間数字は変わっていない」という。

しかし恋愛に関しては別だ。「交際したい」は55%と低く、「身近に出会いがない」は85%、「交際相手を探すための活動をしていない」は82%にのぼる。山田教授は「40年くらい恋愛・結婚を研究していますが、ここ20年くらいで『恋愛・結婚離れ』というのが進んでいますね」と話す。

「彼女がいない人も増えてきています。学生を見ていると段々恋愛に興味を持たなくなっている。興味がないわけじゃないけど実際に行動しない人がいて、大学生で性体験がある人の割合は5割を切って、女性は35%。アメリカで発表すると『嘘だろ?』と言われる」

「今の若い人を理解する鍵は”面倒くさい”」