“不倫された妻”の怒りの声「妊娠中に夫が職場の女性とW不倫」「双方の両親を呼び出して土下座させた」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

“不倫された妻”の怒りの声「妊娠中に夫が職場の女性とW不倫」「双方の両親を呼び出して土下座させた」

夫の不倫に苦しむ妻

夫の不倫に苦しむ妻

"夫の不倫"に苦しむ人は少なくない。キャリコネニュース読者からも、

「主人の不倫相手が、子どもつながりのママ友でした」(40代女性/正社員)

といった声が寄せられている。派遣社員の30代女性にいたっては、

「夫と不倫相手、両方の両親も呼び出し、土下座をさせた。不倫相手の女は『償います』と言っていたのに、何もしてこなかったので、Facebookから連絡先を見つけ出し、慰謝料を支払わせた」

と容赦ない。さらに女性は、

「人に深い傷を負わせて、ノウノウと生きているのが許せないので、2人とも不幸になればいいと切に願っている」

と綴っている。もはや“不倶戴天”といったところだろうか。専業主婦の40代女性も夫の不倫による慰謝料を巡り現在、訴訟沙汰で争っている一人だ。(文:鹿賀大資)

単身赴任中の夫が不倫「結婚したい女性がいるから離婚して」

女性が夫の不倫を確信したのは、夫から「結婚したい女性がいるから離婚してほしい」と言われたときだった。突然の出来事だったという。

「以前から他の女性とメールのやり取りをしていて、夫婦喧嘩になることもあった。でもまさか離婚を切り出されるとは……。娘がまだ小さいので、とりあえず話し合うことに。でもその時は夫が『女性と別れた』と言ったので、一旦は落ち着いた」

しかし夫はそれに懲りず、再び異性問題を繰り返した。ただ女性は夫が単身赴任ということもあり、そのまま放置していたという。そうした中、夫は弁護士を介して、婚姻関係の破綻を理由に離婚を求めてきた。しかし今回は女性も負けじと、

「弁護士をつけ探偵に依頼したら、やっぱり付き合っている女性がいることがわかった。旦那とは離婚協議中。相手の女性にも慰謝料請求の裁判を起こしている」

という。

初めての妊娠・子育てに奮闘する妻に、夫が二度の裏切り

パート・アルバイトの30代女性は、元夫にされた“下衆の極み”を振り返る。元夫の2回目の不倫で、女性は夫婦生活にピリオドを打ったという。最初の不倫は、まだ子どもが6か月の頃だった。

「違う部署の既婚女性とW不倫。その部署の手伝い、飲み会や打ち上げなどで親しくなり、向こうから言い寄ってきて関係が始まったとのこと。旦那が寝ている間にふと、私は女の勘が働き、旦那のスマホを見ようとしたら、“ここまでやるか!”って部分までロックされていました」

結局、女性は夫の証拠を掴めなかったが、そこまで入念なガードに不倫を確信したという。

「怒りが抑えきれず、そのまま叩き起して話し合いをしました。どうやら不倫関係は半年~1年くらい続いていたみたいです。それは私が妊娠中の頃からで、しかも初めての子育てで必死だった時でした。相当メンタルをやられましたよ」

そんな夫の2度目の不倫相手は、出会い系で知り合った独身女性だった。さらに、

「夫はある日いきなり『仕事を辞める』と言い出して、ニートのまま突然いなくなりました。不倫相手も県外に住んでいたから、夫の所在は掴めませんでした。結果、私は幼い子どもを2人連れて離婚しました」

女性は「クズ人間。一生、関わりたくありません」と綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「不倫したこと・されたことはありますか?」「義実家への帰省で憂鬱なこと」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 義母がエアコンをつけず「熱くて死にそう」という嫁に「帰省しなくていい」という声相次ぐ
  2. 30代で「結婚式のご祝儀2万円」は非常識?正社員で実家暮らしなのに… 不満の女性に「文句言うなら式やるな」と批判相次ぐ
  3. "相手とは別れるから"それでも再び不倫に走った夫 「実は水面下で動いていました。もう信用していません」と語る50代女性
  4. 「妻を泳がせて証拠をそろえています」 配偶者に不倫されて“リコカツ中”の男性
  5. 「彼氏が300万円のSUV車を買おうとしています」渋る彼女に批判殺到「交際10か月でこんなこと言われたら息詰まる」
  6. "不倫された妻"の怒りの声「妊娠中に夫が職場の女性とW不倫」「双方の両親を呼び出して土下座させた」
  7. 不倫された女性たちの心境「夫はATMと割り切っていますが、未だにフラッシュバックに悩まされています」
  8. 結婚式の招待に“欠席”相次ぎ「私が渡したご祝儀6万円、返して!」 怒る女性に賛否「そういう根性では誰も来なくなる」
  9. 「専業主婦の妻は昼までアニメを一気見。労働意欲ゼロです」 年収1000万円の男性の悩み
  10. 「援助する」を信じ義実家近くの新築購入も、渡されたのは20万円…後悔する女性に「お祝い金レベル」「詐欺でしょ」と同情集まる

アーカイブ