「就活生の親」が欲しがる3つの情報 会社は積極的に提供しよう

就活生の「親」が不安に思うこととは?

就活生の「親」が不安に思うこととは?

近年、新卒採用担当者が頭を悩ませているのは、就職生の親への対策です。自分の子どものことになると、人は誰でも保守的になり安定志向になるものです。そのため超人気企業や大企業でもない限り、親御さんの「もっと有名なところ、大きいところがいいのでは」という「助言」に採用活動を妨害されてしまいます。

日本では中小企業が9割をゆうに超えているわけですから、ほとんどの企業が就活生の親向けになんらかの対策をすべきということになります。要は学生に対してだけではなく、その親にとって必要な情報も同時に提供していくことが大切ということです。(人材研究所代表・曽和利光)

最初に心配するのは「お金」のこと