【美味】ヌートリアの骨を5時間煮込んだ「ヌートリアヌードル」食べてみた 今までに味わったことのない香りと味わい

ヌートリアヌードルはダービー通り店で提供している。新年にちなんだメニューのため、店内の貼り紙にはメニュー説明とともに「今年の干支を食べて運勢アップ!」「今年一年の開運祈願に是非一度ご賞味ください」という文言があった。値段は一杯1480円。

新春限定メニュー

新春限定メニュー

ヌートリアは40~60センチ、体重5~9キロで、オレンジ色の大きな前歯が特徴のネズミだ。現在、西日本各地の水辺に生息しているが在来種への影響が深刻で、特定外来生物に指定される害獣。今回仕入れるヌートリアは岡山県で猟師が箱罠を使って獲ったものだ。

ヌートリア

ヌートリア

5分程度待つとヌードルが運ばれてきた。透き通った黄色のスープで、ヌートリアの小さなハムが5枚のっている。薬味のカイワレや白髪ねぎ、わけぎがしっかり載っているのも嬉しい。一見するとあっさり系塩ラーメンといったところだ。

あっさり系ラーメンのよう

あっさり系ラーメンのよう

湯気からは豚とも牛とも鶏ともつかない香りがするが、何かしらの獣であることはわかる。はじめての匂いに「これがヌートリアか……」と思った。ただ薬味のスッとした香りと相まって”獣臭い”とは感じなかった。

「予想以上に注文が入っています」

スープは今までに味わったことのないコクがあった。ベースは塩ラーメンであるものの、ヌートリアの骨を5時間煮込んだというだけある。豚骨スープに近いようにも思えたが、それよりは大分あっさりしている。

胡椒がきいてスパイシー

胡椒がきいてスパイシー

ハムは今までに見たことのない形をしていた。チャーシューをスライスしたような形状でもなく、謎の肉といった感じだ。食べてみるとしっかりした食感で、少し鴨のような味がした。麺はもちもちで食べごたえがあり、スープとしっかり絡んでいる。

ヌートリアと薬味のハーモニーが◎

ヌートリアと薬味のハーモニーが◎

同店スタッフは「ヌートリアヌードルは3日から提供していますが、予想以上に注文が入っています。今日の分ももう無いくらい。でもヌートリアの骨があるので煮込めばたくさん作れます」と話していた。

筆者は関西出身のため、地元の橋の上や土手でヌートリアは目にしていた。害獣と言われていることは知っていたが、こんな味がするのかと驚いた。今後ヌートリアを見る目が変わるだろう。美味しかった。

「米とサーカス」ダービー通り店

「米とサーカス」ダービー通り店