ブラック上司の迷言「北朝鮮のミサイルで電車が止まっても遅刻するな」「契約取るまで外回りしろ、息をするな」

全社朝礼で社長がパワハラ全開の差別発言をすることも

全社朝礼で社長がパワハラ全開の差別発言をすることも

ブラック企業に在籍し、理不尽な目にあう人は少なくはない。30代女性のキャリコネニュース読者は「社員が殴りかかってきた。上司に相談したら『死ねバカ』と言われた」(教育・保育・公務員・農林水産・その他)という。ほかにも、

「月の残業時間が290時間。本来は一人1現場なのに人がいなく4現場も持たされる。上司が仕事中毒なので、『お前もできる』と同じ量を押し付けられる」(20代男性、技能工・設備・交通・運輸)
「以前、派遣で働いていた時に脚立から転落。左腕にヒビが入る怪我だったのに、労災が効かなかった。仕事中でのことだったのに全部自腹。1か月の休職」(30代男性、素材・化学・食品・医薬品技術職)

といった声が寄せられている。事務・管理職の20代女性も、過去の職場で踏んだり蹴ったりの思いをした一人だ。ある不動産会社について、「採用ブログに書いてあったことは「すべて嘘」「セクハラ・パワハラは当たり前」だったと綴る。

飲み会は強制参加「走って逃げるも男性社員たちに取り押さえられ、お店に入れられた」