就職氷河期世代から見たバブル世代 「生まれた時代が違った」だけでは納得できない格差

「バブル世代、いいなあ……」

「バブル世代、いいなあ……」

グーグルの検索ボックスに「バブル世代」と入力してみると、関連キーワードとして「無能」「わがまま」「邪魔」「いらない」という単語がサジェストされる。もちろん、優秀な人材も多いとは思うが、一般的に「仕事ができない」というイメージが付いているのかもしれない。

とりわけ、就職氷河期世代から見た”バブル世代”は「楽に就職し、大した苦労をせずに稼ぎを得ている」というイメージが否めない。今回は、そう感じてしまう理由を紐解いていきたい。(文:ふじいりょう)

バブル世代の就活は「ステーキ」「しゃぶしゃぶ」「寿司」の接待三昧