ダルビッシュ有、アストロズの”サイン盗み”に「したことは悪いんだけど、心が痛む」

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

シカゴカブス所属のダルビッシュ有選手は2月14日、アストロズの「サイン盗み」騒動についてツイッターで言及した。ダルビッシュ選手は、

「アストロズの件、全く終わる気配がないぐらいバッシングが続いています。今日オーナーや選手の会見があり、さらに加熱しています。確かにしたことは悪いんだけど、選手、関係者、家族、ファンの今送っている日常を想像すると心が痛むんだよなぁ」

と投稿している。

セカンドからのサイン盗みは「グレーゾーン」、電子機器使用は「話が違ってくる」