飲食店の屋内禁煙、喫煙者の4割以上が反対 「喫煙者の権利が守られていない!」「平等と言いながら結局差別だ」

非喫煙者の9割が飲食店の原則屋内禁煙に賛成

非喫煙者の9割が飲食店の原則屋内禁煙に賛成

エアトリは2月14日、店内禁煙に関する調査結果を発表した。調査は2019年12月にネット上で実施し、20~70代の男女1893人から回答を得た。

4月から改正健康増進法が施行し、飲食店では原則屋内禁煙になる。こうした動きについて、非喫煙者の約9割が「賛成」と回答。「反対」(4.5%)はわずかにとどまった。

「臭い、とにかく臭いが気になる」と規制に賛成する人も