「専業主婦の母親に働いて欲しかった?」という投稿に 「小さい頃は良かったけど世間ズレしていく」など反響相次ぐ

賛否両論があるようだ

賛否両論があるようだ

1980年以降、共働き世帯は年々増加し、1997年には共働き世帯数が専業主婦世帯数を上回りました。単純にいえば、現在23歳より若い世代は、両親が共働きで育った人のほうが多いということです。そんな中、ガールズちゃんねるに2月中旬、「専業主婦の母親に働いて欲しかった人いますか?」というトピックが立ちました。

トピ主は、一般的に「親が共働きで寂しかった子供」しか取り上げられないことが不満な様子。自身の母親について、

「暇さえあれば親族の悪口や近所の噂話、『私だって仕事すれば出世できた』云々の根拠のないタラレバ話や『専業主婦ってだけで馬鹿にされる!』等の愚痴ばかりで、そんなに文句ばかり言うなら働けば?と思っていました」

と明かします。ないものねだりと思いつつ、「同じように母親に働いて欲しかった人はいるでしょうか?」と問いかけました。(文:篠原みつき)

「子どもの頃の寂しさ」よりも「母が働かなくて大学に行けなかった」は深刻