“働かない中高年”に就職氷河期世代が激怒! 「ITが苦手で手作業に固執。できないと押し付けてきます」

「ムダな人間」という厳しい声も

「ムダな人間」という厳しい声も

“妖精さん”というと聞こえはいいが、昨今職場の働かない中高年を指す言葉としても使われている。彼らについてキャリコネニュース読者の40代男性は、

「使えない無能な高給取りのバブル世代が多過ぎてやってられない! その人たちに仕事を教える就職氷河期世代ですが、この時代にまだ年功序列制が続いているので馬鹿らしいわ!」

と憤る声を寄せている。ほかにも、

「うちにもいる。能力もやる気もないのに、年功で高い給料をもらっている中高年が」(40代男性、事務・管理)
「ぬるま湯に浸かって感覚がマヒしているので治らないと思う」(40代男性、建築・土木技術職)

といった不満や嫌悪感を示す投稿が見られた。今回は「氷河期後期の人間」というサービス・販売職の30代女性のエピソードを紹介する。(文:鹿賀大資)

業務で使うのに「スマホは必要ない。昔はスマホなんてなかった」