中小企業従業員はトイレ事情に悩みがち?「男女別トイレが欲しい」「数が少ない」 ほかには「IT化が進まない」など

職場環境の悩みは?

職場環境の悩みは?

リアルゲイトは3月25日、中小企業の「働き方改革」に関する実態調査の結果を発表した。調査は2月に実施し、関東在住で従業員規模300人以下の企業に勤める20~50代の正社員528人から回答を得た。

直近の1か月あたりの残業時間を聞くと、最も多かったのは「1~10時間未満」(22.2%)で、僅差で「10~20時間未満」(21.2%)が続いた。以降は「20~40時間未満」(16.3%)、「残業時間はない」(14.8%)、「1時間未満」(8.0%)と続く。

2019年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、今年4月からは中小企業でも残業時間の罰則付き上限規定が施行される。今回の調査では、残業時間が同法の上限を下回る「40時間未満」と回答した人は全体の82.5%だった。

働き方改革で企業に求める制度1位は「有給休暇取得の徹底」