新型コロナで飲食店の8割が売上減 過半数の店舗が「テイクアウトを実施」

新型コロナの影響を受けている飲食店の工夫

新型コロナの影響を受けている飲食店の工夫

シンクロ・フードは4月10日、「テイクアウト・デリバリーの対応状況」に関する調査結果を発表した。調査は4月上旬にネット上で実施し、飲食店経営者・運営者514人から回答を得た。

「テイクアウト販売を行っている」(51.4%)という店は過半数にのぼった。このほかに「準備を進めている」(12.5%)、「検討中」(19.6%)などと今後の実施を検討する店も多かった。

デリバリーの工夫「料理は1人前ずつで真空パック」