スーパー「ライフ」が”異例”のお願い、新型コロナ感染抑止へ「分散来店」呼びかけ コンビニでも同様の動き

働く人を気遣う想像力が求められている

働く人を気遣う想像力が求められている

首都圏、近畿圏でスーパーマーケット「ライフ」を展開するライフコーポレーションは4月23日、買い物客に対する3つのお願いとして、混雑緩和などに向けた協力を呼び掛けた。イトーヨーカ堂、ローソンでも同様のお願いをしている。

新型コロナウイルス対策を検討する政府の専門家会議は22日、人の密集がみられるスーパーなどの入場制限などを求めた提言を発表。各小売店の対応は、こうした見解を受けたものとみられる。

複数名で来店しない、レジでは間隔を開けて並ぶ、など