新型コロナで業績好調の従業員「テイクアウト需要で売上4割増」「テレワーク機器の販売。株価は上がっている」

新型コロナで業績UP?

新型コロナで業績UP?

新型コロナウイルスの影響により、休業を余儀なくされる会社は多い。それは同時に業績の低迷にもつながる。一方、休業要請の対象外となる業種もある。小売店などに見られる、いわば一極集中する形で業績をのばすところは少なくない。キャリコネニュース読者からも、

「食品メーカーに勤めています。取引企業であるスーパーの業績が好調です。欠品するぐらい受注が上がっており、前年比110%ぐらいのびています」(千葉県/20代男性/事務・管理職)

「新型コロナの影響を受けています。でも仕事量は大幅に増え、激務になりました」(千葉県/20代女性/事務・管理職)

といった声が寄せられている。奈良県のお好み焼きチェーン店で働く40代男性も、その一人だ。(文:鹿賀大資)

「3月後半~4月にかけて店内飲食よりテイクアウトの方が多いです」