ネカフェ難民の「所持金30円」を”自己責任”の言葉で切り捨てていいのか

本当に自己責任?

本当に自己責任?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で、多くの都道府県がインターネットカフェ(ネカフェ)を休業要請の対象に含めた。理由は「密閉」「密集」「密接」を表す”3蜜”が懸念される点だろう。

休業の影響で、ネカフェで寝泊まりする「ネットカフェ難民」の居場所がなくなり、路上生活を余儀なくされる、という問題が顕在化している。だが、ネット上では「自己責任」「自業自得」「甘えるな」といった辛辣な言葉が飛び交った。

果たして本当に”自己責任”という言葉で済ませて良いのだろうか。ここでは考察を試みたい。(文:ふじいりょう)

ネカフェ難民誕生の背景は「リーマンショック」「東日本大震災」