ブラック企業の悪質な慣習「配偶者や友人、知人にまで保険勧誘。契約取れないと自爆営業」という50代女性

ブラック企業の実態とは

ブラック企業の実態とは

ブラック企業の劣悪な環境に振り回され、散々な思いをしている人は多い。キャリコネニュース読者からも

「酷い月だと400時間以上の勤務。みなし管理職なので残業手当もつかず、休みもなかった」(40代男性、技術職)
「50代半ばの上司からパワハラを受け、被害者同士で結束。社内コンプラ委員会に通報したらパワハラは認定された。しかし通報者のうち2人は解雇になり、1人は異動になった」(30代女性、事務・管理職)
「朝5時から深夜1時まで働かされ、月の残業が80時間くらいでも少なく感じるようになった。職場は社長のためにみんなが働くという雰囲気。ある日突然、デスクから椅子がなくなり、立ちスタイルのレイアウトに改造されていた」(40代男性)

といった経験談が寄せられている。(文:鹿賀大資)

「もう保険料のために働いている感じです」