コロナ禍の過酷な転職事情「業績悪化で解雇」「内定が取り消されたり、入社時期が見送られたりしている」

新型コロナの影響を受け、転職活動を始めた人も一定数いるようだ

新型コロナの影響を受け、転職活動を始めた人も一定数いるようだ

ワークポートは5月13日、「新型コロナウイルスによる転職活動への影響」についての調査結果を発表した。調査は4月に実施し、20~40代の転職希望者937人から回答を得た。

新型コロナウイルス不況がきっかけで転職活動をしたと回答した人は15.2%となった。理由を聞くと、

「新型コロナウイルスの影響で臨時休業となり雇用終了と宣言された」(30代・男性・コールセンター)
「会社の業績悪化に伴い解雇された」(40代・女性・事務)

と退職せざるを得ない状況に追い込まれた人がいた。

「選考の中止・延期」「選考スピードの遅延」などの影響