1000万円借金しても「人生お金がすべてじゃない」と心から思う理由 ポイントは今の状況をポジティブに考えること

「お金」=「幸せ」?

「お金」=「幸せ」?

「幸福」を語ると、どうしても主観的な話になってしまう。「100キロ超えたらスピードオーバー」のように「こうなったら幸せです」という絶対的な基準がないので仕方のないことなのかもしれない。

お金に関してもそう。いくら年収や貯蓄、資産があったら幸せという基準もないし、人によって「いくらお金を持っていたら幸せ」は違うので簡単に数字では表せない。手元に1000円があったとして、これが「大金」なのか「はした金」なのかはその時の状況や環境、パーソナリティによって変わるからだ。

僕は1000万の借金を背負ったことがある。いつかお金持ちになった時「人生はね、お金じゃないんだよ」って言いたかったのだが、お金持ちにならないままそう思うようになってしまった。というより、“お金持ち”の明確な基準もないわけだから、いつ言ってもよいわけだけど。(文:ちばつかさ)

お金があれば幸せなら、借金を背負ったカウンセラーのところに人は来ないはず