「また2万負けた(笑)」夫の稼ぎでパチンコに行く嫁 月収22万円でこれはキツそう

妻をパチンコに連れて行ったことが依存症の扉を開いたようだ

妻をパチンコに連れて行ったことが依存症の扉を開いたようだ

パチンコ打ちあるあるとして、”10日我慢したら結構パチンコ自体どうでも良くなる”ってのがある。パチンコという娯楽には中毒性があるが、その毒気自体はしばらくお店通いをやめることで、結構どうにでもなる。重篤な依存症の人以外なら。

僕は2003年からパチンコ屋に出入りしているが、過去に何度も、やめる気がなくても何となく出向かなくなるという期間があった。これまでのすべての収支を付けているんだけど、行かないときは年単位で行かない。一方で凝り出すと3日おきとかのハイペースで出向いていた。

折しも今は各地のパチンコ屋が営業を自粛している最中。一部地域では16日頃から営業を再開したようだが、まともな知性を有しているなら、今は行くべきじゃない時だと理解できる。だって長らくパチンコ屋は営業停止を余儀なくされていたんだもの。赤字なのだ。

その赤字をわざわざネギを背負ったカモよろしく、補填させようと息巻くほどの物好きなんて、ニュースで取材されてた一部のガチ依存症ユーザー以外いない。

パチンコ打ちたちは、パチンコ屋通いをする自分を客観視できていない節がある。そんな人達なので、家族も(主に金銭面で)心配になってくることがある。(文:松本ミゾレ)

「月22万でやりくりしてるはずなんだが大丈夫なのか? 消費者金融か?」