リーンに共創する。限られた時間の中での共創で気づいた、 「それだ!」感のある言葉と覚悟が生まれる瞬間。

加来 幸樹氏

加来 幸樹氏

株式会社サインコサインの代表として、様々な企業やブランド、個人のアイデンティティとなる言葉の共創を中心に支援する加来 幸樹氏。言葉を考える仕事だが、提供しているのは「覚悟」だという。そのようなビジネスを展開するに至った経緯、そして今こそ企業だけではなく個人も「理念」として言葉を持つべき理由を語ってもらった。

言葉づくりが得意だと思ったことはない。自分の専門性とは?