コロナで怒鳴るモンスター客に辟易「菌がついたらどうしてくれるや」「レジ店員=コロナ」という無礼な客も

モンスター客に辟易

モンスター客に辟易

新型コロナウイルスの感染力は、現時点では峠を越えた感もある。しかし全国の小売店では依然として、傍若無人な客の態度に苦しむ店員が多いようだ。キャリコネニュース読者からは、

「コロナ対策で過剰に構えている人、逆にコロナのことなんて何も考えていない人の差が凄いです。どちらのタイプも周りへの配慮がないため、常にイライラ感が伝わってきます。それに『作業が遅い』『この透明カバーは邪魔だ』と好きなことを吐き捨てて帰っていきます。時短営業ですが、もうウンザリです」(兵庫県/40代女性/スーパー)

といった経験談が寄せられている。岡山県のドラッグストアで働く30代女性もその一人だ。(文:鹿賀大資)

レジのビニールカーテンを開けて話しかける客「あなた意味がわかっていますか?」