「5月分の給料は”1円も出ない”と言われた」コロナ禍で浮き彫りになるブラック企業

休業補償すらもらえない人もいた

休業補償すらもらえない人もいた

職場の新型コロナウイルス対応を通じて、”本性”を知ってしまったという人は多いようだ。あからさまに業績を優先し、従業員を守る姿勢を見せななければ、退職を決める人もいるだろう。キャリコネニュース読者からは

「会社のコロナ対策が後手後手。『とりあえずやっていますよ』的なアピールでしかなく、辞めようと思っています」(神奈川県/20代女性/サービス系)
「有休を使った際、上司から『こんな時期に取得するなんて何を考えている!』と言われた。それ以来、理不尽な扱いを受けるようになった。経営不振から退職を促しているのがバレバレ。近日中に退職を決意」(栃木県/30代男性/メーカー系)

といった経験談が寄せられた。(文:鹿賀大資)

テレワークを要求、上司の返答は”あなたの仕事の評価は大変低い”