世帯年収1000万円のリアル「ランチは白米持参+弁当屋で200円のおかず」「ポルシェ所有にはほど遠い」

世帯年収1000万円のリアル

世帯年収1000万円のリアル

先月、キャリコネニュース紹介した「世帯年収1000万円の現実、都内では余裕ないって本当?」という記事が反響を呼んだ。実際、年収1000~1200万円台のキャリコネニュース読者からも、”慎ましい生活”を送っているという声が多く寄せられた。

東京都のIT・通信系に勤務する50代男性は、

「締めるところは締める。普段の生活から趣味的なものを含めて不要不急な金は使わない。そうかといって広い家に住み、ベンツやポルシェを所有する生活にはほど遠い」

と綴る。愛知県の40代女性は、「節約が好きです」という。ブランド品への興味もなく、中古品でも気にならないといい「多少は生活に余裕があります」と綴る。単に稼ぎが多いから裕福な暮らしを実現できている、という訳ではなさそうだ。(文:鹿賀大資)

「コロナによる外出自粛もあったので、高価なご飯を食べずに済んだ」