野良猫への身勝手な餌付けは、かわいそうな猫を増やす最悪の行為 ”悲劇の連鎖”になってしまう理由

野良猫の餌付けはダメ

野良猫の餌付けはダメ

僕の仕事の一つに、ペット系情報サイトでの執筆活動がある。そこで現地取材めいたこともよくやるんだけど、もうここ数年ずっと遭遇しているのが野良猫への餌付け問題だ。

この問題はメディアでもよく取り上げられている。たとえば去年9月に大阪市で野良猫や鳩に餌付けをする人たちのせいでゴミが増えていることが報じられた。地域住民は数年に渡って後始末をしてきたが、とうとう行政に直訴する運びとなり、市長もこれに応じる姿勢を見せていた。

餌付け問題は全国どこであろうと、勝手に餌付けをした人間のせいで残った餌がゴミとなり、衛生状態が悪化する。そうなるとその地域の動物たちも不健康になってしまう。感染症の温床にもなる。

しかも餌付けされることで体力が付き、どんどん繁殖してしまう。これでは近隣住民はたまったものではない。管理できない人間の身勝手な餌付けは、動物にとってもその地域の住民にとっても最悪の行為である。(文:松本ミゾレ)

「時々、野良猫を保健所に連れていく人も居るみたいで一時的に減るのですが……」