世帯年収1500万~2000万円の生活感「買いたいものは買う」「妻の年収は850万」、不満は「億の家は買えない」

世帯年収1500万~2000万円の生活感とは

世帯年収1500万~2000万円の生活感とは

世帯年収1000万円は「さほど裕福ではない」とよく話題になるが、不動産情報口コミサイト「マンションコミュニティ」には「世帯年収1500万~2000万の生活感」というスレッドがある。一馬力・二馬力は無関係で「税込み世帯年収1500万円~2000万円の実体験の生活感」を訊ねるものだ。

2012年に立ったスレだが、2020年の今月に至るまで毎年その層の人たちが自分の生活感を書き込み続けている。世帯年収1700万、夫38歳会社員・1050万、妻地方公務員650万、子ども2人(小1・保育園年中)という人からは、

「生活感としては、支出の多寡はほぼ気にしてない。買いたいものは買う。食べたいものは食べる。後輩にもおごる。服も10万以内ならあまり躊躇せずに買う。お小遣い制ではない。妻には家族カードを渡して好きに使わせている」

といった声が寄せられている。何やらステージがひとつ上がったと感じる書き込みが多かった。(文:okei)

「貯蓄は月25万、ボーナスから200万ほどで年500万」