安定した“大企業”で働くリアル「居心地はいいけど、チャレンジしたい人には物足りない」「給料は安定してるが、昇給は微々たるもの」

安定しすぎていてもつまらない?

安定しすぎていてもつまらない?

新型コロナウイルスによる経済情勢の悪化で、会社の安定性を考えた人は多い。とはいえ、一口に安定した会社といっても、メリットとデメリットはつきものだ。企業口コミサイト「キャリコネ」には、

「安定した経営を行なっている。競合に比べて突飛な施策はないものの、バランスの取れた経営」(マーチャンダイザー/30代後半男性/正社員/年収800万円)
「ここ数年は良い意味で安定してしまい、居心地はいい会社にはなった。しかしチャレンジしたい人には、物足りなくなってしまう可能性がある」(人事/30代後半/女性/正社員/年収600万円)

といった声が寄せられている。また海外営業職の40代後半男性は、

「若手は社風に惹かれて入社するより、『安定』や『ホワイト』と言う人が結構増えている気がする」(正社員/年収1400万円)

と近年の採用状況を通じて“安定に走る傾向”にあるいう。今回は安定志向な人たちの投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

「民間の会社のように景気に左右されない」