新型コロナ関連倒産311件に、6月だけで99件発生 「飲食」「ホテル旅館」に逆風続く

新型コロナ関連倒産が相次いでいる

新型コロナ関連倒産が相次いでいる

帝国データバンクは7月3日までに、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産が全国311件にのぼると発表した。6月19日の前回調査分からは38件増えた。

「新型コロナウイルス関連倒産」は2月29日に初めて発生。その後3月下旬までは1ケタで推移していたが、4月末には128件に急増した。特に、政府が緊急事態宣言を発令した4月以降は爆発的に件数が増えており、6月だけでも99件発生した。

営業自粛要請が出ていた「パチンコホール」も倒産