40代、世帯年収600~800万円のリアル「貯めても貯めても節目ごとに貯金がなくなる」「とりあえず禁煙しました」

「節約の毎日」と嘆く声

「節約の毎日」と嘆く声

40代といえば、生産年齢人口(15~64歳)のほぼ中間層に位置する。平均世帯年収の551万6000円(厚労省調査)の少し上を行く、世帯年収600~800万円という世間の40代はどんな生活をしているのだろうか。キャリコネニュース読者からは、

「子どもが1人(公立小学校)なので、普通の生活をする分には余裕がある。でも贅沢はできない。もし中学受験をするとなれば、一気に余裕もなくなるだろう。昼食単価は500円程度、家族での外食はせいぜいフードコートか100円の回転寿司」(愛知県/40代男性/金融・保険系)
「子ども2人と住宅ローンで余裕はありません。高校卒業までは学資保険を一人当たり1万円ずつかけていますが、満期で各200万円にしかなりません。卒業後の不足分は、奨学金に頼らなければなりません」(新潟県/40代男性/流通・小売系)

といった声が寄せられている。ほかの40代の投稿も見てみよう。(文:鹿賀大資)

「塾に通わせることなく国公立を卒業したので、貯蓄型の保険を使うこともなかった」