「おばあさんの幽霊が首を締めに来る」 悪霊とのバトルに勝利した父に寄せられた相談 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「おばあさんの幽霊が首を締めに来る」 悪霊とのバトルに勝利した父に寄せられた相談

またも霊が……

またも霊が……

【夏の怪談特集】霊感家系に生まれ、多くの心霊体験に遭遇してきたが、筆者以上に霊感の強い父は、私よりも強烈な体験をしてきた。

父が独身時代、実家近くで起こった火事で死んだおばあさんの霊を退治した話をしたが、あとからこの話が”繋がっている”ことに気づいた。今回はこの後日談をお伝えする。(文:コティマム)

→【父と娘の心霊夜話】の最新話はこちらから

「恐ろしいものがベッドの側からやってきてお腹に乗り、首をしめてくる」

火事から7か月ほど経った頃、職場の喫煙所にいた時のことだ。出入りしていた業者の男性も喫煙所に入ってきた。その男性は父の家の近所に住んでおり、もともと顔見知りだったという。その男性は父に相談を持ちかけてきた。

「ちょっと相談したいことが……。こういうことは、あなたに話したらいいと聞いたので。先日の竹やぶの隣の家の火事、覚えていますか? 実は私、あの火事があった家の裏側に住んでるんです。うちは無事でしたが…」

あの夜以来、娘が「おばあさんが首を絞めに来るから怖い」と言って、自分の部屋で眠れないのだという。中学3年生になったのに、両親の部屋で寝るのだという。男性は「受験もあるので心配で……」と話す。

父は驚いた。自分の所に出てきた焼けただれたおばあさんが、別の所にも現れていたのだ。父は自分のところにも2回ほど同じおばあさんが出てきたことを伝え、男性宅に行き娘さんに会うことにした。

娘さんの部屋は、火事になった家と庭を挟んで隣接していた。話を聞いてみると、「恐ろしいものがベッドの側からやってきてお腹に乗り、首をしめてくる」と同じ体験をしていた。

同じものだと確信した父は、懇意にしている近所のお寺の住職に相談した。父と男性、娘さんと共に住職のお寺を訪れ、一連の出来事を打ち明けたところ、そのおばあさんは、住職のもとにも出てきていたことがわかった。

住職の元に出てきたのは火事から1か月後の半年前。父の時と同じタイミングだ。住職は首を絞められる寸前でお経を唱え、それ以来出てきていないという。共通していたのは、住職も、娘さんも、父も、火事の日に断末魔のような叫び声を聞いていたことだ。

父は数珠と九字で、住職はお経で自衛できたが、娘さんは何もできていない。そのためおばさんは現れ続けているのかもしれない。すぐに住職はお祓いをし、お札を作って娘さんの部屋に貼った。

それ以来、部屋におばあさんが出ることはなくなったという。

「よっぽど何か強い恨みを残していたとしか思えない」

火事のあと、近所ではさまざまな噂が立ったという。というのも、火事で生き残った夫が保険金を受け取り、すぐに若い女性と再婚したからだ。さらに司法解剖した妻の遺体をなかなか引き取りにこなかった。

そのため、あの家に住んでいた年配夫婦は仲が悪く、火事とみせかけて夫が妻を殺した、と噂されていた。妻は足が悪かった。夫は1階の部屋のストーブに灯油缶をかけて火をつけ、2階の窓から前の畑へ飛び降りて助かった。しかし足の悪い妻は飛び降りることも、階下へ降りることもできず亡くなった……。

当時は「保険金殺人だったのでは?」と騒がれたらしい。ただこの夫は火事から1年後、精神病院に入院して自殺した。

父は、「あの旦那に何が起こったのか想像するだけでもおぞましい」と話す。この話を執筆するにあたり改めて父に話を聞いたが、

「あんな出方をするのはなかなかない。しかも悲鳴が聞こえた人の所すべてに出ていた。よっぽど何か強い恨みを残していたとしか思えない」

と振り返る。

さらにそれから10年後。父も結婚して実家を出た。筆者も生まれ、実家から離れた街の小さなアパートの2階に住んでいた。

下の階に新婚夫婦が引っ越して来たのだが、その妻がおばあさんを見た娘さんだった。世の中にはこんな”繋がり”もあるのだ。本当に不思議なことがあるものだ。

※キャリコネニュースでは、“夏の怪談特集”として読者の皆様の心霊体験エピソードを募集しています。投稿はこちらから→https://questant.jp/q/R4NYUZ9W

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ