世帯年収800~1000万円のジレンマ「教育無償化の対象外&児童手当も減額」「納税額に見合うサービスが受けられない」

収入が増えると国の補助が減るジレンマ…

収入が増えると国の補助が減るジレンマ…

年収帯によって、抱える不満は違ってくるようだ。中でも世帯年収800~1000万円のキャリコネニュース読者からは、

「年収970万円です。満足する点は特にありません。不満な点は、子ども手当の補助金が1万円から5000円になること。ちなみに世帯年収920万円程度がボーダーラインのようです」(千葉県/40代男性/専門コンサル系)
「高校生の息子の教育費がかさんでいます。この年収帯だと学校の無償化が対象外なので、普通に払っています。自分の趣味にお金を使うと貯金は出来ないです」(神奈川県40代男性営業職)

といった声が寄せられている。ほかにも、所得制限による各種子ども支援制度金のカットから、学費の支払いに不満を募らせる投稿が相次いだ。(文:鹿賀大資)

「離婚した方がいい暮らしも出来そう」「努力しても仕方ない」