「テレワークは休んでるみたいなもの。出勤するのが美徳」という会社にウンザリしたエピソード

会社のコロナ対応に失望…退職を決めた人

会社のコロナ対応に失望…退職を決めた人

新型コロナウイルスの影響で、今後の働き方を考えた人も多いだろう。なかには、会社の対応に嫌気がさした人もいるのでは。キャリコネニュース読者からも、コロナをきっかけに退職を決意した人からエピソードが寄せられている。

東京都で観光バス運転手をしている30代男性は、表向きは休業にもかかわらず、上司が経営者に媚を売るために自主出勤を強要しているという。しかも会社は、休業を実施する事業主に支払われる「雇用調整助成金」を受け取っている。

「コロナ禍で上司や会社の本性がハッキリした。 観光バスの仕事が戻ってきたら、20人希望での集団退職を予定」

男性は集団退職をもくろんでいるようだ。そのほかのエピソードも見てみよう。(文:コティマム)

微熱が出ても在宅勤務を認めず「たぶんコロナじゃないから」