自己肯定感が高すぎるとキャリアに悪影響を及ぼす? ”自分は出来ている”という思いがミスマッチを起こすことも

自己肯定感が高すぎるのって?

自己肯定感が高すぎるのって?

最近、就活や転職の相談を受ける時、「自己肯定感」という言葉をよく耳にします。そのほとんどが、「自分は自己肯定感が低い」と感じ、自分自身の「未来のキャリア」に対して前向きになれていないケースです。

自己肯定感とは、「ありのままの自分を受容し、認める感覚」という無条件の自己承認感情です。その自己肯定感が低いがために

「どこも内定が決まりません」
「自己肯定感を高まればキャリアアップできると思うのですが……」

といった声が寄せられ、どうすれば自己肯定感を上げることができるのかと聞かれます。これらは、10数年前には、全く耳にしなかった相談です。(文:キャリアコンサルタント 坂元俊介)

「フィードバックしても改善されない」と思ったら……