「子どもを車に乗せて営業に行けと言われた」 30代シングルマザー、会社のコロナ対策で退職決意

画像はイメージです

画像はイメージです

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下で職場がテレワークになったが、通常出社に戻ったという人も少なくはない。不満に感じている人は多く、キャリコネニュース読者からは、

「会社に行くことが仕事だと思っている世代には、さっさと退場してもらいたい」(30代男性/東京都/商社系)

といった声が寄せられている。IT・通信系勤務の東京都の30代男性も

「リスクは何も変わってないのに、通常業務に戻ることに納得がいかない。また、私の会社ではゲームアプリを自社で運営・制作をしており、ほぼ100%のデジタル業務。テレワークでも業務はとどこおることなく遂行できた。むしろ効率が上がった部分もある」

という。さらに男性は、

「それにも関わらず『緊張感を高めるために出社は必要。他の会社が出社しているのにウチだけ不公平』と言われた時はガッカリしかなかった」

と肩を落とす。愛媛県のフリーランスの30代女性もその一人だ。女性は元勤務先について「私は会社を退社したのですが、悲惨でした」と振り返る。(文:鹿賀大資)

「命の方が大切なので、会社の在り方や考え方についていけませんでした」