幸福度が1番低いのは年収600~800万?「ボーナスで生活費を補填」「税金高すぎて仕事のやる気が湧かない」と不満の声も

つらい……

つらい……

累進課税に不満を募らせる人は多い。世帯年収600~800万円のキャリコネニュース読者からは、

「余裕はない。平均月収にすると手取りで40万円。これで4人は暮らせない」(50代男性/山梨県/サービス系)

といった声が寄せられている。では実際の年収から、どれだけの控除があるのだろうか。流通・小売系勤務の長崎県の70代男性は、

「固定資産税や健康保険などで毎月20万円かかります」

という。年収600~800万円クラスとはいえ、一口に額面ベースでは語れない“厳しい現実”もあるようだ。ちなみに男性は、

「積立のような貯蓄はしていますが、そのせいか“ゆとり”はありません」

とも述べている。金融・保険系の会社で働く東京都の60代女性は、高額納税に対する負担の矛先を国にぶつけている。(文:鹿賀大資)

「住民税の取り立てはヤミ金よりたちが悪い」