「レジ袋有料化って誰も得しないですよね」現役コンビニ店長が明かす“苦悩”

レジ袋有料化、コンビニ店長が抱える苦悩

レジ袋有料化、コンビニ店長が抱える苦悩

レジ袋有料化がスタートした7月1日以降、全国の小売店では悪戦苦闘の日々を強いられているようだ。キャリコネニュース読者からは、

「レジ袋不用のお客様には、店名入りのテープを貼らないといけない。しかも購入品に一個ずつなので時間がかかりすぎる」(60代男性/京都府/ホームセンター)
「1枚で足りると思って入らなかった場合、レジ袋追加の料金をもらいにくい」(40代女性/熊本県/飲食店)
「汚いエコバッグ、またはレジ袋の使い回しは触りたくありません。でもそうした客に限って、だいたいが『入れろ』と言われるパターン」(40代女性/神奈川県/コンビニ)

といった声が寄せられている。今回は、コンビニエンスストアの店長として働く東京都の20代男性の投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

「熱々のお弁当を素手で持ち帰る客を不憫に思う」