“レジ袋有料化”でコンビニが面倒くさい… 会計後にレジのど真ん中でマイバッグに詰め込む客も | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

“レジ袋有料化”でコンビニが面倒くさい… 会計後にレジのど真ん中でマイバッグに詰め込む客も

レジ袋有料化

レジ袋有料化

1つ余計な手間が増えると、途端にこれまで当たり前に使っていたサービスから気持ちが離れてしまうことがある。例えば、今まで普通にログインできていたクラウドサービスの一つが、あるタイミングで急に「私はロボットではありません」の項目をクリックさせるようになった時。僕はこれだけでも嫌気が差してしまう。それがセキュリティ上大切なことだとしても、だ。

最近、この手の”嫌気”を感じているのがコンビニだ。そう、レジ袋の有料化である。(文:松本ミゾレ)

【関連記事】レジ袋有料化で「車に忘れた」と取りに戻る人に辟易「並び直すべきか否かでトラブルになることも」

冷たいものと温かいものを買っても袋は1枚?

コンビニのレジ袋有料化が7月1日から始まったことはみなさんもご存じの通り。これはプラスチックごみの削減を目的とするもので、多くの小売店ですでに有料化が始まっている。

これが環境のための施策なら文句を言うのはお門違いかもしれない。でも、コンビニの店員さんとのやり取りが余計に増えたことは、なんかこう、めんどくさくなった。

これまでは大体「いらっしゃいませ」から始まり、「温めるものございますか」と聞かれ、アルコール商品を買う場合は「タッチをお願いします」と言われて液晶にタッチする。金額を伝えられてからは、時には「すみません、Suicaで」と返事してSuicaを使う。「レシートはお入り用ですか?」と聞かれた時には「はい」と返事して、それで買い物終了だった。

ところが、7月に入ってからは、まず店員さんに「レジ袋は有料ですが、お使いになりますか?」と問われるようになった。これまでは商品の数によって、店員さんが袋を複数枚使ってくれることもあったけど、なぜか1枚3円とかになったら、1つの大きめな袋にいろいろと詰め込まれるようになった。

でも、これは仕方ない対処。お客さんにレジ袋で余計な出費をさせまいという心遣いの賜物でもあるからだ。だけども、この様子を見せられると客としても「あ、なんかいっぱい買い過ぎたな」と思っちゃうし、そうすると買い控えにつながるとは思う。いろいろ買うと、店員さんに余計な仕事が増えるって思っちゃって。ましてやホットスナックなんて、冷たいものを買う場合では一緒に頼めない。

お客や店の事情を無視したレジ袋有料化 ストレスは溜まる一方

それと、僕もすでに2回ぐらい経験したけど、店員さんが「レジ袋はお使いですか?」と聞くタイミングで、今までの買い物の流れが身に付いてる人が「ペイペイで」と言っちゃって、お互いの声が被ってるという事態が起きている。

その結果、お互いが相手に何を言われたか分からず、ちょっとの間フリーズしてしまっている。これも時間のロスにつながるし、たかがレジ袋のせいでなんでこんな面倒が起きることにこう、イライラしてしまう。

あと、レジ袋は必要かと聞かれた瞬間にこっちが「レジ袋ください」と言っちゃって、店員さんが「今言うなよ、こっちがしゃべってるだろ」みたいな嫌な顔を、一瞬するみたいな。結果的に僕がレジ袋をいらないと主張した、と捉えたみたいで「山ほど買ったのにレジ袋要らないってこいつマジか」みたいな顔をされたこともあった。

普通に考えて必要だろって話だけど、これも余計なレスポンスが生んだ人災みたいなもの。

店員さんが悪いわけでもないし、もちろん俺にいたっても悪くない。

まだある。マイバッグを持参する人も増えた。いいことだ。マイバッグの場合、自分で商品を袋詰めしなければならないが、その要領が悪い人が前のレジとかにいると、これも時間のロスが半端ない。

後ろから見てて「なんで重い物を一番下に入れないかね!」とイライラしてしまうし、そういう人って自分のお会計終わっても横に避けずにずっとレジのど真ん中に居座ってる。あの無駄な時間ったらない。馬鹿馬鹿しいので横から割り込んだら、舌打ちとかされたこともある。

まだ施行から1か月なのに、コンビニのレジ袋有料化は本当に余計な手間を増やしてくれたもんだ。おそらく利用客はこれまでいっぱい買い物していた人ほど買い控えしたくなるんじゃないだろうか。店員さんも店員さんで大変だろう。

このレジ袋有料化は、末端の利用者と店員さんのことは完全に無視して作った、ストレスの元凶みたいな制度だと言わざるを得ない。

※キャリコネニュースでは【店員】ビニール袋有料化で困っていることに関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ