「妻にソシャゲ課金がバレた。怒りのLINEが止まらない」と焦る男性 月9万円つぎ込むことも

「課金がバレた!」

「課金がバレた!」

遊びにはルールがある。このルールを守って楽しむのが、健全……というか、破滅せずに済む秘訣だ。例えば、僕は怪獣フィギュアを買ったり、自分で作るのが好きだけど、欲しいものが出たとしても毎年そうそう散財はしていられない。せいぜい月あたり1万円くらいが関の山だ。

また、パチンコ・パチスロもするがこちらは年間収支で考えていて、年に24万負けたらその年はもうホールに行くのを諦める。つまり、毎月2万円のマイナスを前提にした趣味ということにしているわけだ。

他にも、PS4のオンラインが楽しめるPSN会員なのでこちらも毎月数百円の課金をしている。このように、僕の考える遊びのルールとは、過剰に散財をしないように自制するものということになるだろう。恐らく趣味を持つ人の大半は、こういう……言ってみれば身の丈に合わせてしょぼい楽しみ方をしているんじゃないだろうか。

実際、遊びにお金を投じる以前に、まともな生活を送るには生活費も必須なので、そこを疎かにはできない。特に妻帯者になると、余計にシビアに考えなければならないところだろう。(文:松本ミゾレ)

モンスト、ドラクエタクト、オセロニア、FGO……複数のシャゲをプレイ