うらやましい!夏のボーナス100万円超え「143万円でした」「昨年210万円、今年220万円と10万円アップ」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

うらやましい!夏のボーナス100万円超え「143万円でした」「昨年210万円、今年220万円と10万円アップ」

会社の業績アップ。エアコンと冷蔵庫を買い替えた。

夏のボーナスが支給されるシーズン。キャリコネニュースが実施した「夏のボーナス」に関するアンケートによると、100万円超えの高額ボーナスを支給された人も多く見られた。そのうえコロナ禍に関係なく、昨年よりも支給額が増えた人もいる。

今回は、そんなうらやましすぎる高額ボーナスを受け取った読者の声を紹介する。(文:コティマム)

インセンティブがつきコロナも影響なかった人「昨年170万円。今年200万円」

埼玉県の40代男性(ITエンジニア/正社員/年収1100万円)は、「2020年は118万円、2021年は143万円。25万円増えた」と綴る。男性はボーナスの使い道について、

「通勤に使用している原付が10年選手なので、買い替えを検討しています」

と計画を語っている。

東京都の40代男性(専門職/正社員/年収1300万円)の夏のボーナスは、「昨年170万円、今年200万円」。

「インセンティブが多くついたため、昨夏より増加した。会社の業績もコロナの影響はまったくない」

神奈川県の50代男性(ITエンジニア/正社員/年収1100万円)の夏のボーナスは200万円超えだ。

「昨年は220万円で今年は230万円だった。会社の業績アップ。エアコンと冷蔵庫を買い替えた。特に困っていることはない。十分かな」

300万円超えも!「今年は357万円。売上は微減だが営業利益が増加」

200万円超えのボーナスを受け取った読者はほかにもいる。東京都の40代男性(事務・管理/正社員/年収1300万円)は「昨年210万円、今年220万円と10万円アップしました」と綴る。男性は支給額の増加について、「会社業績が若干良かったことが要因かと思います」と分析している。

「子どもが今年社会人となり、これまでのように教育費がかからないので、今後は老後のために少し貯蓄にまわそうと思います」

なんとボーナス300万円超えという強者も。「昨年は314万円、今年は357万円」と明かすのは、東京都の40代男性。企画・マーケティング職の正社員で、年収は1500万円だ。

「売上は微減だが営業利益が増加したため、(ボーナス)支給が増加した。また査定が上がったため増加した」

なんともうらやましい高額ボーナス。そこには会社の努力はもちろん、本人たちの努力が反映されている。

※アンケート概要
■実施期間
2021年6月11日~
■回答数
284 ※2021年8月2日時点
(記事では、2021年7月8日から8月1日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/FTM0IVVB
■質問項目
・夏のボーナスは昨年と比較してどうでしたか?支給額(額面)を教えてください
・ボーナスが増えた/減った理由、またそれに対して思うことや、困っていることを詳細にご記入ください(50字以上)

※キャリコネニュースでは引き続き「夏のボーナスいくらですか?」のほか職場で起きた窃盗事件共働き・片働きの不満などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ