コロナ禍でもボーナス100万円 「注文住宅を購入しました」と語る20代男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

コロナ禍でもボーナス100万円 「注文住宅を購入しました」と語る20代男性

コロナで対面営業をしづらくなり、飲み会もないので新規開拓は厳しそうです

コロナの影響を受けて夏のボーナスが減った人もいれば、増えた人もいる。エンジニアの50代男性のボーナスは「100万円にちょっと届かないくらい。社会人になってからほぼ最高額」だった。男性は、

「在宅ワークが中心となって基本残業は禁止に。ダラダラ残業していた面々の人件費が圧縮されて業績アップにつながったようです」(東京都/年収700万円)

と、ボーナス増額の意外な理由を明かす。今回は、キャリコネニュースに寄せられた「今年の夏のボーナス事情」を紹介していく。(文:林加奈)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートも実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

ボーナスが増えた人「巣ごもり需要で好調」

飲食店やイベントなどコロナの影響で業績が悪化している業界もあれば、逆に需要が増えた業界もある。

「昨年41万円、今年51万円。ありがたいと感じる反面、コロナにより業務量が増えているため、見合わないとも感じる」(千葉県/20代男性/事務・管理/年収400万円)
「昨年36万円、今年63万円。巣ごもり需要で家庭用品がかなり好調なために増えたが、一通り購入された後なので、買い控えが起こりそうで不安」(千葉県/40代女性/事務・管理/年収300万円)

都内の20代男性は「社会情勢が不安定なほうが儲かる業種」と明かす。

「昨年90万円、今年100万円。頭金がたまったので、注文住宅を購入した。親兄弟にも分配し、祖父のお墓の清掃も頼んだ」(エンジニア/年収600万円)

男性は「コロナ禍で恩恵が受けられた」と喜びを綴っている。

ボーナスが減った人「ホテル業界なのでコロナの影響を完全に受けている」

一方、コロナの影響でボーナスが減少した人からの声も多く寄せられている。営業職の40代男性のボーナスは昨年250万円だったが、今年は190万円まで減少した。

「個人業績は昨年のほうがよかった。コロナで対面営業をしづらくなり、飲み会もないので新規開拓は厳しそうです」(福島県/年収2000万円以上)

また、「昨年も今年もボーナスは0円」という回答も目立った。

「ホテル業界なので、コロナの影響を完全に受けている。ボーナスが2年連続で出ていないので、貯金もできておらず将来が不安である」(千葉県/20代女性/年収300万円)
「コロナ禍で売上が80%減。月給30%カットの状況です。売上が伸びず、ボーナスが0円で家賃の支払いもままなりません」(埼玉県/50代男性/事務・管理/年収400万円)

コロナの影響を直接受けている業界やそこで働く人たちは、相当な痛手を負っているようだ。

※アンケート概要
■実施期間
2021年6月11日~
■回答数
212 ※2021年7月16日時点
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/FTM0IVVB
■質問項目
・夏のボーナスは昨年と比較してどうでしたか?支給額(額面)を教えてください
・ボーナスが増えた/減った理由、またそれに対して思うことや、困っていることを詳細にご記入ください(50字以上)

※キャリコネニュースでは引き続き「夏のボーナスいくらですか?」のほか職場で起きた窃盗事件共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ