世帯年収1200万円でも生活カツカツ「子どもが小学生の頃、貯蓄しておかなかった事を後悔するばかりです」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1200万円でも生活カツカツ「子どもが小学生の頃、貯蓄しておかなかった事を後悔するばかりです」

画像はイメージ

教育費が一番かかる時期の子どもを3人抱えた主婦からの声が、キャリコネニュースに寄せられた。福島県に住む40代後半の女性は、

「旦那の年収は1200万円ですが、まったく余裕はないです。大学生の子供が二人、高校生が一人います」

と厳しい家計状況を語りだした。

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/CPG04M4S

「年収が500万台の頃の方が、今より裕福な生活でした」

世帯年収も「1200万円」と回答しているため、主な収入は夫が担っているようだ。女性は公的な助成がないことについて

「年収制限で国自治体からの補助はゼロです。大学の寮、奨学金、公立高校の支援も審査で落ちました」

と不満げだ。家計の負担感を次のように綴っている。

「住宅ローンが月10万と、大学生二人のアパート代、仕送り、高校の授業料で生活はカツカツなのに、町民税は月に6万も取られて、手取りは減るばかりです。 1200万円と言っても月の手取りは36万です。あとは、ボーナスを切り崩しての生活になります」

つまりボーナスはかなりの高額だが、月収では足りない月もあるのだろう。女性は

「年収が500万台で子どもがまだ小学生の頃の方が今より裕福な生活でした。 あの頃貯蓄しておかなかった事を後悔するばかりです」

と振り返る。現在の心境について「年収だけで裕福、贅沢とか言う人に腹がたって仕方ありません。年収高い人は税金も高いし、補助も受けられないし働くだけ損しているような気がします」とこぼしていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ