世帯年収1200万円の母の苦労「3人産むから悪い、と言われるかもしれませんが……」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1200万円の母の苦労「3人産むから悪い、と言われるかもしれませんが……」

画像はイメージ

兵庫県の40代前半女性(メーカー系/派遣社員)は、世帯年収1200万円で3人の子どもを育てる母親だ。女性はキャリコネニュース編集部に、

「世帯年収が1000万円を超えると裕福なイメージがあるかもしれませんが、まったくそんなことはないです」

という声を寄せた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/CPG04M4S

「子どもには『子どもが多いと大変だよ』と伝えると思います」

女性は現在の生活や子どもの教育費について、次のように明かす。

「一番上の子は私立高校に通っています。親としては下2人のことも考えて公立高校に行ってほしい気持ちがありましたが、私立高校に通うことになりました。主人は単身赴任をしており、収入の中に(単身赴任の)手当も含まれます。二重生活になるのでいろいろな面でお金もかかります。奨学金の手当もまったくなく、高校の費用も全額払っています」

所得制限で児童手当や修学支援といった各種助成、また子育て世帯への臨時給付金10万円を受けられないことに対し、女性は不満を強く訴える。

「こんなことを言うと『3人産むから悪い』と言われてしまうかもしれませんが、大学まで卒業させようと思うと何千万円と必要です。これではさらに少子化が進むのではないでしょうか。実際子どもが大人になって結婚したとき、子どもには『子どもが多いと大変だよ』と伝えると思います」

さらに女性は「本当はもっと大きな家に住まわせてあげたかったです。家族が多いと楽しいですが、こういうことでの不満はたくさんあります。どの給付金でもですが、上限をもう少し高くするべきだと思います」と主張していた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ