手取り月14万円の20代男性「ボーナスから生活費捻出。会社の給料だけでは貯金できない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り月14万円の20代男性「ボーナスから生活費捻出。会社の給料だけでは貯金できない」

画像はイメージ

30歳前後で手取り月20万円以下では、転職や副業を考えてもおかしくない。茨城県に住む20代後半の男性(その他/正社員)は手取り14万円で、

「食費でもなんでも『節約』が常に頭にちらつく」

と嘆いた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「こっそり自宅でできる副業をやっている」

男性は現在の家計状況について、次のように語る。

「ボーナスから月々の生活費を割り当てているのでどうにか借金をせずに生活できているが、貯金にまわせる額は少ない。副業は禁止されているが、会社の給料だけでは貯金にまわす余裕がなく将来に不安を感じるため、こっそり自宅でできる副業をやっている」

ただ、副業収入はそれほど多くないのかもしれない。「今は独身なのでそれでやっていけているが、結婚や子育てはできないだろうなと考えている」と悲観的だ。

「副業はあまり稼げず、結局手取り20万円以下です」

「手取り月17万5000円、年収およそ250万円」と語るのは、千葉県に住む30代前半の独身女性。派遣社員として働く日々だが、

「生活するのがやっとで困っています。固定費はギリギリまで削り、食費も削っていますが、貯金する余裕もありません。投資信託にまわすお金もありません」

と厳しい状況だ。女性は収入を増やすべく副業もしているが、「あまり稼げず、結局副業と合わせても手取り20万円以下です」と打ち明けた。また、「今は結婚しない人も増えているのに」としたうえで、政府の支援策が子育て世帯ばかりだといった不満をもらし、

「以前、一番困っているのは、女性の一人暮らしの低所得者だと聞いたことがあります。常に将来やお金のことを考えていて、毎日不安な日々を過ごしています」

と切実な想いを綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ