手取り20万円以下の若者たち「一人暮らしなんてできない」「一生独身になりそう」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

手取り20万円以下の若者たち「一人暮らしなんてできない」「一生独身になりそう」

イメージ画像

画像はイメージ

キャリコネニュースでは「手取り20万円以下」をテーマにアンケートを実施。20代の読者からは「将来が不安」などの声が数多く届いている。今回は4人の20代からの切実な声を紹介する。

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下」の方にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「常にお金のことが頭から離れない」「手取り18万は欲しい」

千葉県の20代後半男性(正社員/未婚)は、手取り16万6000円で年収およそ300万円。「少なすぎると感じている」と不満の口火を切ると、次のように語った。

「常にお金のことが頭から離れない。現在一人暮らしだがかなりきつい。食費も削ってぎりぎりの生活をしている。これからどうなっていくのだろうと、将来への不安がかなりある。アルバイトでも稼げるような額なので『正社員とは……』と考えさせられる」

東京都の20代前半女性(正社員/未婚)も一人暮らし。手取りは15万8000円、年収およそ200万円だ。

「東京一人暮らし、奨学金の返済あり。ボーナス分で貯金がやっとできる状態。お金は心の余裕にもなる。満足のいく生活ではあるが20代中盤になるのに周りと比べて低い。手取り18万は欲しい」

と希望を綴っていた。

一人暮らしに踏み切れない「正社員になったところで……」

一方、東京都在住で「手取り15万1000円、年収およそ200万円」という20代後半女性(未婚)はサービス系のパート勤務。「いつまでたっても一人暮らしなんてできない」とこぼす。

「家にいくらか渡して実家に住まわしてもらっている。今はパートだか何年かしたら正社員になれるという話を聞いた。が、具体的に何年とは言われていないし、正社員になったところでそれほど給料が上がるわけではない。ボーナスがあるかないかくらいの違いらしい」

と正社員登用にもあまり希望を感じていないようだ。「ボーナスも一月分あるかないか……。将来は不安でしかないですね」と綴っている。

「実家暮らしのため生活に困るということはないものの、一人の時間がないことが悩みです。奨学金の返済や通信料の支払いがある中で家賃や食費等もろもろの経費を考えると一人暮らしには踏み切れない感じです」

と語るのは、岐阜県の20代前半女性。IT・通信系の正社員で未婚、手取り15万4000円、年収はおよそ200万円だ。給与に加えて仕事の配置にも不満があり、女性は将来への不安をこう綴っていた。

「職種的にもエンジニア希望であったところをサポートデスクに回されており、将来に不安を感じています。今後もし結婚したとしても子供を育てていくほど稼げるとも思えず、両親の老後も心配なため一生独身になってしまいそうです」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ