手取り19.8万円で「何のために大学院まで出て勉強したのかと頭を抱える日々です」と20代男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り19.8万円で「何のために大学院まで出て勉強したのかと頭を抱える日々です」と20代男性

画像はイメージ

希望を持って新社会人になったものの、手取りの少なさに愕然とする人がいる。滋賀県に住む20代後半の男性は、メーカー(素材・医薬品他)の正社員として働いているが

「手取り額はかなり少なく感じている」

「何のために大学院まで出て勉強したのかと頭を抱える日々です」

ともらす。年収はおよそ300万円、毎月の手取りは19万8000円だという。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「得た給料が毎月そのまま出て行っている感じ」

手取り月20万円を切っていても、実家暮らしならまだ余裕があるかもしれない。しかし男性は、

「めちゃくちゃ田舎に会社がある。実家から通えないので一人暮らしをしているが、家賃や光熱費などが高く、生活に車も必須でその維持費もバカにならない。奨学金返還もあるので、得た給料が毎月そのまま出て行っている感じです」

と厳しい状況を打ち明けた。これでは何のために働いているのか、わからなくなってしまうだろう。

それでも男性が今の会社を続けているのは、「長く続ければどんどん昇給していくから」と所属長に言われたからだ。ところが実際は、

「年々、昇給額が減少してきている。先輩社員の話では、数年で数百円しか昇給しなくなったとのこと」

と話が違ったことを明かす。そのため男性は、

「実家から通えるところに転職し支出を減らすか、現在より給料のよいところに転職しようと準備を始めだしたところです」

と密かな目論見を語った。入社当初の給料が低いのは仕方がないかもしれないが、なんとか昇給制度や社宅などの福利厚生が整っている会社に転職したいところだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ